教育学部TOPにもどる < 附属小学校

附属小学校のページです

附属小学校は、教育学部の教育実践校としての機能を果たすことを主な目的としています。学校所在地は、江戸時代の水戸城の二の丸跡地にあたり、豊かな自然環境に恵まれています。東日本大震災により少し被害を受けましたが、「小鳥の森」は、文字通り小鳥がたくさん集まるところで、自然がいっぱいです。児童たちが探検をしたり、植物や小動物をとるなど、とても喜んで遊んでいます。

学校規模は、1学年から6学年まで3学級ずつ。それと3・4年の複式学級16名の合計621名です。

毎年、教育学部の3年次の学生約150名が教育実習を経験します。児童との直接的なふれあいを通して、教職への希望や意欲をふくらませていきます。附属小学校の38名の教職員は全精力を傾けて、次代を担う若人と共に明日の教育を語りながら小学校教育や実習のあり方を追求しています。

 附属小学校のホームページへ 
 
本ページは,茨城大学教育学部が担当してます。本文、画像、写真は許可なく使用出来ません。